霧吹き

いつも 思うのです 

100円 ショップで 色々な 物を 
買う事が 出来るので 驚いて いるのですが 
同じ様な 物が 医療器具と 成ると 
何故 あんなに 高く 成りのでしょう 


画像

                    埼玉県 4月


部屋の 加湿として 今年は
霧吹きで 窓ガラスに 水滴の 膜を 作り
帰化作用で 加湿 している

それ迄 使って いた 霧吹きの
レバーが 動かなく 成ったので
100円ショップで 新しい 霧吹きを 買った
2月22日だ

南側の 高窓に 吹き付けた
一つの 窓に 60回
全部で 六つ 在るので
360回の レバー 操作だ
握力の 運動に 成る

それを 8時 10時 12時 2時の
4回 繰り返すので
1日に 1440回 レバーを 握る
事に 成る

いつからか 60回が 80回に 成り
100回でも 水の 減り具合が
少なく 成った

その時点で 気が 付いたのだが
レバーが 元の 位置に
戻らなく 成り
吐出量が 少なく 成ったのだ

平均の 回数として
80回×6箇所×4度×40日=76800
凡そ 7万回の 寿命 だった
と云う 訳だ

これで 100円だ
高いのか 安いのか…

俺は 楽しめた のだから
良しと しよう